趣味工房 HIRO-G




< AKI-80型CPUボードのテスト結果 >


 写真1〜4は、追加・修正を終えた各コネクタの最終のピンアサインです。 写真5は各ボード名と接続状況で、写真6がAKI-80型CPUボードのPOMソケットへ「CP/M手作りマイコン1」のP90〜95に記載されている、モニタプログラムをそのままROMに書き込んで差込みテストした結果です。 プログラムは正常に起動し、Mコマンドでバンク切り替え後のRAM(増設RAM62256)の内容を表示させた状態です。 全体的に正常に機能しています。

 写真7は、拡張ボード上にあるRAM及びROMのゼロプレッシャーソケットへモニタROM及び増設RAMを移動させテストした結果です。 この場合も正常にプログラムは立ち上がり、正常に機能しました。


 次回は、具体的な回路図も含め、AKI−80ボードのまとめを報告したいと思います。





写真1 CN3 コネクタのピンアサイン




写真2 CN4 コネクタのピンアサイン




写真3 CN5 コネクタのピンアサイン




写真4 AKI-80ボード裏面のCN3端子のピンアサイン





< 今後の予定 >

 @ AKI-80型CPUボードのテスト結果: 完了
 A AKI-80型CPUボードのまとめ:
 B AKI-80型 CP/Mマシンのテスト:
 C FDDの複数化:
 D 復元1号機一体化: 
   

CP/M No31


CP/Mマシン復元進捗  ・AKI-80型CPUボードのテスト結果 
2014年5月13日


写真5 各ボード名と接続状況




写真6 AKI-80型CPUボードのテスト




写真7 拡張ボードでのテスト