趣味工房 HIRO-G


< 1ヶ月ぶりの飛行場と悟り?の事 >


 本日は、久々に雨の心配が全く無く、気温もそこそこでしたので、飛行場は盛況でした。 前回報告(7/21日)から本日(8/30日)までに、テールシャフトを交換して1度練習に来ましたが、それから土日の天候が不順でついつい足が遠のいていました。土日でなくても、定年の身ですのでいつでも練習に来れそうなものですが、墜落した時の捜索はひとりではできませんし、安全面もありますので、現役の皆さんに合わせて土日の練習となる訳です。

 1ヶ月も開いていましたので、感が戻るまで3フライト(1フライトは約8分)かかりました。今日は、天候が良かったので、計6フライト練習できました。 直線からループへ入るのは、かなり慣れてきましたので、次のステップとして、下記の図にありますように、3Dの第一歩の「背面フライト」の練習に入りたいと思っています。 
 で、そのために最上級者の方に、アイドルアップ1、2のピッチとスロットル・カーブを設定してもらいましたが、先ずはシミュレータで練習します。  因みにシミュレータはPHOENIX5です。 REAAL FLIGHT4も持っていますが、最近はシンプルなPHOENIX5を使っています。 何とか、背面飛行がスムースに出来るようになれば、当方の初期の目的は達成で、後はオマケのレベルアップとして、楽しみながら練習していこうと思っています。

 とは言うものの、上達するためには、何事でも同じで継続が第一ですが、ラジコン・ヘリの上達には、各ステップ毎に勇気と言うか思いっきりが必要です。 しかしながら蛮勇は通じません、ラジコン・ヘリは正直で直ぐ墜落します。 経験上言い切れます。 デス。
 また、厄介なのは、勇気や腕があっても機体の調整・整備が不備なら、また墜落です。 実にラジコン・ヘリは正直と言うか冷徹と言うか、人間界のゴマスリは通用しませんデス。 このラジコン・ヘリの審判に耐えられない人は、とても続けられません。 当方もどこまで続けられるかですが、あまり上達が早くない当方にとっては、逆に長く楽しめる恩恵に与ることを最近悟りましたデス。 



背面フライト



 
今日は大盛況



避暑対策は少々進化


< TREX450 SPORT >


 SDXに続き墜落。

 以下同文。



ラジコン・ヘリ No13


1ヶ月ぶりの飛行場と悟り?の事
2014年8月30日

 
上級者の3D


 
 スポーツグライダーのテスト飛行



3ローターヘリ



今流行の飛行物体