趣味工房 HIRO-G


< IchigoJam トレーニングボードのテスト結果 >


 
 思ったより作業量が多いので、今回はテスト結果のみの報告です。 
ディスプレイはアマゾンから、ノーブランドで自動車用の7インチの液晶モニターが格安で売られていたので、アンプ付きとアンプなしを1台づつ購入しました。 動作を確認するまでは、ちょっと疑っていましたが、アンプ付きはHDMIにも対応しており、ラズパイにも、マチカニア「MachiKania」にも問題なく使用できますので、満足してます。 アンプなしはコンポジットの端子のみで、IchigoJamには使えますが、PanCakeにつなぐと写真4のように、画面の下部で同期が乱れる状況となります。 マチカニアに接続しても同じ症状が出ます。

 写真1はIchigoJamを起動させた状況で、特に問題なく立ち上がりました。 写真2、写真3は 「ボクにもわかる」のデモプログラムでテストした状況です。 何れも問題なく正常に表示されました。

 写真5は、IchigoJamとPanCakeを同時に起動させた状況ですが、PanCakeも問題なく立ち上がり、オープニング画面が正常に表示されました。

 写真6は、PanCakeのサンプルゲーム「りんごをさっちゃん」を打込んで起動させた状態の写真です。 音も正常にでました。 写真7はPanCakeサンプルゲームの第2弾「コマンドタイピングゲーム」をEEPROMからLOADしたところで、写真8がその起動画面です。

 以上で、トレーニングボードは正常に機能することを確認しましたので、次回は残りのUSBシリアル変換モジュール「AE−FT234X]の動作確認として、 「IJKB]をインストールしたPCと接続テストを実施し、まとめ作業へ入りたいと思います。
 
 



写真1 IchigoJam立上げ




写真2 キャラクタLCDのテスト




写真3 I2C小型LCDのテスト




写真4 画面の同期が取れない状況


< TREX450 SPORT >




 SDXに続き墜落。


 以下同文。








アラカルト No9


IchigoJam トレーニングボードのテスト結果
2016年7月3日


写真5 IchigoJamとPanCakeを同時に起動




写真6  「りんごをさっちゃん」ゲームの起動画面




写真7  「コマンドタイピング」ゲームのLOAD完了画面




写真8  「コマンドタイピング」ゲームの起動画面